カテゴリ: 仕事

最近、「付加価値の作り方」と言う本を読んで感動すると同時に、前職でのふとした事を思い出したので、ここに記す。

遡る事数年前、職場で使う機械の調子が悪く、自身の仕事に影響するので、直接上司に掛け合って、メーカーの人間を派遣してもらい、メンテナンスをしてもらう事になった。

メーカーのサービスマンは他府県から遠路はるばるやって来て、交通費諸々請求されて、約20数万円のメンテナンスになった。

と、ここまではまぁ普通の話。

で、今回の本題。その修理内容が、よくもまぁこんなもんで金取るなと思ったのと、会社側もそれに対して何も言わないのが、あり得ない…と言う話。

一応修理は終わったが…

さて、修理も無事終わり、説明も一通り受けた。しかし、根本的な問題が解決していなかったので、私はすかさず突っ込んだ質問をした。

私「すいません、ここが直っていないのですが、どう言うことでしょうか?」

修理スタッフ「あぁ、これですね。ここはもう部品が古いのか分からないですけど、直らないみたいですね。なので、これこれこうやって…」

と、「ただの対処療法」を教わった…

私「いやいや、そうではなく、根本的に直らないんですか?」

修理スタッフ「そうですね…原因はこれだと思うんですけど、とりあえずやる事はやったんですけど、直らなかったので、今後同じ症状が出たら、この対処療法で対策してください。お願いします。」

そう言って修理は終わり、メーカーの修理スタッフは帰って行った…

日本の古き良き「職人魂」はどこへ…

さて、このやり取り「話が分かる、頭の良い人」ならお分かりかと思いますが、「え?根本的な問題点が直って無いのに、メーカー帰っちゃったの⁈」と思いませんか?

私もびっくりしたんですけど、会社側も納得してたみたいで(アホなのか?)とりあえず修理は終わった…みたいです…

ハイ、ここで一言、皆さんの言葉を代弁します!

「よくそれで金取るな!(゚∀゚)」

直って無いのにどうしてお金取られた?君は遠路はるばる来て、対処療法を私達に教えに来たのか?とメーカーの人間に言いたい。

副題にもあるが、修理する側もプライドと言うものが無いのだろうか?お客様の為に何とか頑張って修理すると言う「職人魂」は君には無いのか?

工場勤務をしている人なら良く聞くかもしれませんが、「部品が古い、機械が古いので直らない」と言う言い訳は、ある意味では正解なのだが、それを自身の腕前の無さにかこつけて、まるで常套句のように使う人間は私は大嫌いだ。

あくまでもこちらはお金を払っている「お客様」であって、その悩みを解決した場合に対価が払われるのが世の常である。別に客が偉いとかそう言う意味では無く、シンプルに、解決していない問題に対して、今回何故メーカーに対価が支払われたのか謎ですねと言う話。

今回の仕事は、20数万円の価値ある仕事だったのか

さて、今回のこのスタッフの仕事が良かったのか悪かったのかで言うと、

「断然悪い」

が正直な感想であろう。しかも、さらにその評価を下げた理由が、わざわざ遠方から来たのに、実質直った所は、数箇所ある問題点のうち「たった一つだけ」だった事である。

驚くのが、スタッフが意気込んで「ここをこのように改善しておきました!これで使いやすくなったと思います!」と言って直していった部分が、たったひと月で元に戻ってしまったことである!いや、元に戻ったならまだマシで、さらに悪化したと言う方が正しい。これには呆れた。

で、結局悪いのは誰?

最終的にこの機械の一部分は直って、使い易くはなったが、トータルで見ると、根本的な悪い所は直ってないわ、さらに状況が悪化した箇所もあるわで、当時この機械のオペレーターだった私にメリットは少なく、仕事が捗るようになったわけでもなかった…

でも、これを20数万円も支払っていながら、最終的に良しとした、会社側も悪かった。と言うか、シンプルに、解決していない問題に対してなぜその対価を支払ったのか謎である…

もし私が経営者なら、直した直後にまた不具合が出たら、少なくともとりあえず先方に一報入れるだろう。クレームなどではなく、あくまでも、

「すいません、直しに来てもらいましたが、根本的な問題は解決しておらず、むしろ悪化した部分もあるのですが、貴社はその点をどうお考えでしょうか?」と。

当時、会社側も、何故これらの事を強く相手に打ち出していかないのか、全くもって謎だった。だって考えてもみてください。20数万円を払って、

「その機械のオペレーターであった私の問題が解決していなかった」

からです。私の仕事の質は修理後も殆ど変わらず…いやむしろ低下さえしたような、そんなレベルだったのですから。

技術継承の問題点

今回のこの一連の問題から見えた事、学んだ事は、やはり日本ではまともな技術者が減って来ているのかなぁと実感した事。

しっかりと修理できる技術をもった人間が、本来このような修理には来ないと行けないわけですが、そんな人が社内にはもう居ないのかな?と言う印象を受けた。

ただ、私も自転車出張修理を経営している立場なので、修理スタッフの言い分も分からなくもない点もあると言えばある。

たとえば、自転車なんか特にそうですけど、良くお客さんに「どれ位の料金がかかりますか?」と電話で聞かれるが、正直、修理する現物を見ないと、分からない事も多いし、正確な見積もりも絶対取れない。

なので、いくら会社側が、電話口でこの機械が直るかどうか聞いたところで、現物を見ないと正確には分からないので、今回の一連の話も、その辺りは同情します。

実際に直してみて、修理不能と判断する事もあながち間違いではない。直らなかったのにお金を取るのはダメだと声高く言いたいわけでもない。時間と労力に対する対価は、直ってなくても多少は考慮すべきではある。

問題はその修理スタッフのこちらに対する態度の話なのだ。
優れた職人とは、もちろん高いスキルを持っている事は当然ですが、それだけではない。

「お客様の声をヒアリングし、何に悩んでいるかを理解し、その解決策や対策を相手に提示し、しっかりと相手が納得して喜んでくれるような仕事ができるか」である。

それに尽きる。今回の修理の場合、私が納得いかなかったのは、修理スタッフがお客様に対して、「具体的な代替案を示さず、問題の本質を先送りし、対処療法をして帰ってしまった事」である。

実際、後日私達の悩みが解決したわけでも無かっので、これを果たして「修理できた」と判断しても良かったのかと言う事だ。
対価発生条件

今回の修理において、事前に会社側が、メーカーとどのようなやり取りをしたのか私は知らない。機械が古く、「みても直らない事もある」旨を通知されていた上で、それでも修理に来ていたのならまだ分かるが…

それでも、従業員の問題が解決していないのに、相手側に対価が発生している事の違和感は拭えないのだ。


過去に、工場勤務を何社か経験している私だが、その工場のどれもがいわゆる「家族経営」的な昭和の考え方をする企業だった。

それらの会社にはとある共通点がある事に気付いたのでシェアしたい。

絶望的な思考停止
各社に共通して言える事が、

「悪習慣をやめないので、生産性が悪く、改善しようとも考えていない」

事である。ここで言う悪習慣とは、仕事に「感情論」を持ち込み、それを判断基準にしている事である。
さっさと縁を切れ

私が一番おかしいと思ったのは、何故いつまでも昔の「縁」にこだわりすぎて、前に進まないのか?と言う事だ。以下具体的に説明しよう。

以前私が勤めていた工場では、取り引き先ととある問題が起きていた。

「取り引き先から提供される製品のクオリティが低過ぎる」と言う問題…

1社目では織物を生産していた会社でしたが、原料を作る製糸会社の仕上げが汚い(品質が悪い)ので、製造過程の途中で織物に色ムラができたり、糸が切れたり捩れたりするのだ…

2社目では、製作が間に合わないので、他社に商品の一部の生産を委託していた。…が、その仕上げが悪く、過去に納品先にやり直しのクレームを受けた事もしばしばある。

さて、2社に共通して言える事だが、そもそも何故自社はわざわざクオリティの低い他社に依頼するのだろう。それは、

「今までもずっと長い付き合いでやって来たので、あまり声を荒げても悪いし、なんだかんだで忙しい時に助かったり、他社よりも安く仕上げてくれるので、あまり強く言えない」かららしい。

しまいには、何故もっと良い取引先を探さないとかと聞いてみたら、「このご時世、業界が縮小してしまい、他の取引先を探すのが困難である」との回答も得た…

確かに、伝統工芸含めて、業種によっては全国的にも少数のカテゴリーの企業も存在するので、言わんとしてる事も分からないではないが、思考停止すぎて呆れる。

頭の良い経営者ならすぐに分かるでしょうが、企業はより良い製品作りを目指すべきだし、それに則るなら、そんなグダグダな「縁」にこだわるよりも、さっさとそんな取り引き先とは縁を切り、より良い品質管理ができる他社を探すべきである。

原料の生産を委託している企業が全国的に減っているのなら、代替案を模索すべきだし、より良い解決策を思考すべきである。
昭和思考の弊害

日本の企業が全国的に沈んで行く理由は、変化すべき事を恐れて、現状維持を好み、肝心な、「ではどうすべきか?」の思考が抜けているからだ。

もちろん他社との良好な関係は維持すべきだし、自社だけて全て完結する企業など存在しない。しかし、感情論でいつまでもダラダラと関係を続ける事に意味はない。変わりゆくべき時代に対応すべきなのに、それが出来ない、考える気がない。

当然こんな事を続けている日本企業に未来は無いし、本当に「良い物」を作る事を維持する事は難しいのは想像に難く無い。

しかも、1番の問題は、取引先が技術的に成長しないと言う事。提供されるサービスの質が悪いのに、そこに責任追及せず取り引きを続けるとどうなるか。

お分かり頂けるかと思うが、そんな企業に「成長、改善」と言う概念は無いので、向上心が湧かず、とりあえず取り引きしてくれるから構わない。と天狗になるのだ。そんな企業の存在理念を疑うし、業界の足の引っ張り合いになるだけだ。

シンプルに考えて、品質の悪さを指摘する事のどこが悪いのか?より良い物を作るのは製造業の使命だし、クオリティが適当でよいなら、中国製でもなんでも良いと言う話になってくる。

「向こうにも都合があり、斜陽産業で、新人も入社せず、技術の伝承が難しい」から仕方ないと言う意見を聞いた事もあるが、だからと言って相手の立場になり、

「そうか。それじゃ品質が悪くても仕方ない。それを受け入れよう。多少のクレームも覚悟しよう」

…なんて事あり得るわけがないですよね。結局取引先も直す気がないのならそれまでの考えなのだし、より良い製品作りを目指す思考が抜けているので、そこから先の展開を自社で考えていかねばならないのだと思うのだが、現状維持が一番楽なのか、新たな取り引き先を見つけようと努力する事をしない。

それじゃ日本の企業の生産性が悪く、沈んでいくのも仕方のない事だと言える。

先日面接を受けて来たのですが、ちょっとヤバイ会社だったので覚書をしておきます。

自社のYouTubeチャンネルの運営の仕事だったのですが、このご時世有り得ない会社でした。

IMG_1372


まず一つ目に有り得ないのが、業務委託をしている会社が何社もあるのですが、そこから連絡が休日に来る事もあるので、休日でも連絡が来たら即レスしろとの事でした。

いや、それはいかんよ(笑)この記事をお読みのあなたは、これが搾取である事はご理解いただけるだろうか?

そもそも休日に連絡って…業務的におかしいシステムですね。まぁ別にそれでも、気付いた時に返事する。くらいならまだ良いのですが、「即レス」を求めてくるなんて、何様だ(笑)

誰しも休日に羽根を休めたい事はあるだろう。もちろん連絡に気付かないこともある。もしそうなった場合怒られちゃうの?(笑)いや、それはナシだよね。

休日に仕事をする事の一番の問題点は、どこまでが仕事と評価されて、給与に反映されるの?って事。ココ大事!休み中に仕事しちゃったら、会社側はその労働力に対して給与を払わなければいけないのだけれど、そこはどうやって管理するのかな?

しっかりと、出社中に完結させられる委託先を選び、そのような業務形態に持って行くべきであり、それが出来ないのならば、仕事のあり方を再考すべきです。

IMG_1374

このご時世、馬鹿げてる価値観に驚き

さて、休日に即レスなんてまだ可愛くて、そこは譲って良いとしても、有り得ない事を面接の最後に言われました。

「あ、すいません。求人サイトには載せて無かったんですけど、当社は副業禁止なので宜しくお願いします」

ん⁉︎いや、それは無いって。おかしい事言っちゃってんな…

いや、まず一周回って笑えて来ました(笑)この会社のメイン収益は、YouTubeチャンネルによる広告収入らしいんですね。で、副業禁止と聞いて思わず私担当者に聞いたんですけど、

「では私もYouTubeをやっているのですが、自身のYouTubeチャンネルに広告貼って収入得るのはNG?」

と聞いたら、そうですね的な答えが。もちろんアフィリエイトやアソシエイトも駄目っぽい(笑)アホか!(笑)

まとめるとこの会社の言い分はこう。

「休みの日でもちゃんと即レスしてね。あ、それと副業禁止だから、休日にお金儲けしちゃダメなので宜しく!」




オイ!(゚∀゚)

わがまますぎますヤン(笑)休日を、時には会社のために捧げて、しかも帰社後の自由時間もお金儲けに使っちゃダメ(笑)

基本的に帰社後の時間は自由であって、副業を禁止する法的な拘束力は会社には無いんですよ。憲法でもちゃんと私達の自由時間は保護されてる。

今時副業禁止とか、アホすぎて笑えました!(゚∀゚)理由を聞いてみたいですね。しかもYouTubeって一応IT関連の仕事になる訳ですが、先進的な仕事をしている会社が「副業禁止」とか、根本的にヤバイです!

ちなみに、面接時にブログの事を教えたので、担当者がこのブログを読んでいるかもしれませんね(笑)読んでおられたら、是非副業禁止を禁止した方が良いですよと、釘を刺しておきますね。

当記事を書いている時点では、合否の結果はまだ出ていませんが、落選ですかね。そりゃまあ、これだけ言えば当然か(笑)


IMG_1375

そもそも論として、副業禁止が禁止である。

副業禁止のヤバイ会社って、本当に世の中のニュースにすら関心が無いのかな。悲しいレベルです。あれほど最近、「老後の資金2000万円必要問題」があったのに、それを自社が歯止めしてどうすんの?責任取れるの?

一番おかしいと思うのが、副業をしている当人の人生に責任持ってくれんの?って事。会社の給料だけではやりくり出来ないから副業してる人もいるわけ。

副業禁止って言うのなら、その従業員の生活が守られるだけの十分な給与を与えてますか?そもそも生活費が足りないと言う理由で副業してる人は、禁止されたらどうするんですかね。

まぁ私の場合は、YouTubeも始めたばかりだし、まだまだチャンネル登録者数も400人超えたばかりなので、広告もクソも無いですが、そもそもが副業で10万とか稼げる人材って、会社にとってはむしろ有益でしか無いと思います。

会社が副業をむしろ推奨する事が、当人の成長にも繋がりますし、その知識を仕事にも活かせればWIN-WINの関係なので、メリットしかありません。

そもそもが法律で、「帰社後の時間」は何をしても良いと定義されているので、副業禁止は法律違反です。

副業禁止の時代遅れの会社に問うてみたい。

オイ、何で禁止やねん。と。






どうも、絶賛転職活動中の3児の父親です!

さてさて、今回は求人サイトを見てふと思った事を述べていきたいと思います!この業界大丈夫か?と心配になる求人が多数です…

必須条件のハードル
募集要項に良く書かれている文言ですが、

・必須条件

○○の経験者、経験数年以上
年齢○○歳まで

良くみかける光景です。これ自体は別に何の問題も無く、採用側の気持ちも分かります。

しかし!

良く考えてみれば、このハードル凄く高いし、こんな事を続けていて大丈夫なのかと思います。


以前私は下記のような記事を書きました。


ものづくり業界の現状では、経験者を求める声が多く、人の取り合いになってます。

これと同じ事が今たくさんの業界で起きてます!
このハードルの問題点
言うまでもなく、結論からいうと、

「若い子で、専門技術を持った経験者はそんなに多くないだろう」

ということである。いや、一定数はそりゃいるだろうけど、少子化してる事に加えて、そもそもが今はIT産業全盛期だし、そのあたりの仕事の伸び代が半端ないので、若者はこれからどんどんIT産業に進出していくだろうし、業界によっては、有能な若い経験者の取り合いになっている。

私は早急な対策として、下記を実施すべきだと強く思う。

・IT技術を導入して、年齢、経験に関係無く自社の技術を簡単に継承できるような、プログラム作りに励む事。

・未経験者でもどんどん雇って、しっかりと教育していく事。

これに尽きるかと思います。むしろ、これくらいの事が出来ない企業は今後厳しい状況になることは明白である。

何十社と応募したり、面接したりして分かって来ましたが、未だに「年齢フィルター」と「経験者フィルター」を強くかけている企業が多く存在する気がします。



もちろん、自社の発展の為にすぐに辞められたりすると困るだろうし、即戦力は有難いのだから気持ちは分かる。しかし、これからますます有能な若者は、分母数が減っていく事は明らかなので、新しい採用の在り方を模索すべきだ。

新しい基準の採用思考

どうすれば良いのかは単純である。例え未経験でも、「やる気」を重視して選考するのだ。

残酷な事実だが、大事な事なので述べておくが、

「思考停止した経験者よりも、やる気に満ち溢れ、常識にとらわれず、果敢にたくさんの事に挑戦する未経験者」の方が、企業にとっては間違いなく役に立ちます。

これはどんな仕事においても、間違いの無い事実です。今はテクノロジーの発展により、今までと同じ仕事のやり方では生き残れなくなってきています。

あらゆる産業には今、転換期が訪れています。その時代の波に乗れないようでは、先が思いやられます…

それでもなお、「経験者」「職歴」「年齢」ばかり重視する企業もたくさんあります。しかしこれから求められる人材は、どれだけ経験を積んで来たかよりも、どのように柔軟に時代に対応していくかです。

やる気が重要だと言いましたが、自社のサービスや商品に興味を持ち、「たとえ未経験であっても、それを柔軟に学んで行く姿勢がある人材」それこそが今後自社を支えて行くのではないのか?と言う思考も必要であると思います。

人事からすればもちろん経験者の方が手っ取り早いし、早く自社には貢献してくれますが、いくら有能であっても、言われた事しかできない社員なんて、無能に近いとすら思う私です。

さて、皆さんはどちら側の人材ですか?

金属加工業界の面接を受けること10件以上。すべて落選と言う笑えない状況に居るのだが、面接って、その業界の事が分かって行くので、相変わらず面白い。

私が今日ここに忘備録として書き残しておきたいと思ったのは、ものづくり業界の衰退の憂いからである。

IMG_0844

完全未経験を育てるつもりは無い実態
今回、私が応募したものづくり業界のそのほとんどが、「未経験者でも応募OK!1から育てますのでご安心下さい!」

と書いてあった。私は金属加工(旋盤、フライス盤など)に非常に興味があり、今回転職を考えてたくさん応募してるけど、ことごとく全滅です(笑)

落選理由は予想でしか無いのだけど、おそらく年齢と過去の転職回数だと思う。

私が悪いだけなのかもしれないし、会社側からすればもっと若い年齢が欲しいのだとは思うので、分からないでも無い。

しかし!私は決して生半可な気持ちで面接に臨んでいる訳ではないし、おそらくは他の誰よりも金属加工に関する興味はあるつもりだし、勉強だって必死にしてる。

私の過去のブログやYouTubeを見ていただければ、大体お分かりいただけると思うが、私は本当にものづくりが好きだし、機械にも興味がある。趣味で20年以上続いてる自転車いじりもその影響。

だけど、そんな私の熱意を受け入れてもらえない…どうやらものづくりが好きなだけではダメなようです。

IMG_0845

やはり経験者でないと受からないのか

募集要項には必ず「ものづくりが好きな方、大歓迎!」と明記してある。

何度も言いますが、私は本当にものづくりが好きなんです!小さい頃から創意工夫するのが好きで、人と同じ事をするのが嫌いな性格です。

「無ければ作る、工夫する」そんな事に喜びを感じる私は、自分で言うのも何だけど、ものづくりには向いていると強く思う。

…が、しかし!情熱だけでは駄目なようで、実際のところ私が落選する理由は、何なのか見当がつきません。あ、こんな所で呟いてるのがバレてるから?(笑)

金属加工の求人はたくさんあるのだけれど、そのほとんどが経験者を優遇か、もしくは経験ら必須となっています。

さて、ここからが今回の肝なんですが、私が色々面接を受けたり、求人を鬼のように見続けて気付いた事があります。

IMG_0846

こんな採用の仕方してて、ものづくり業界大丈夫なのだろうか?

誤解の無いように言っておきますが、今回の忘備録は、私が落選した事による腹いせや、文句ではありません(笑)

純粋にものづくり業界に対しての憂いからである。

さて本題だが、ものづくり業界の面接を受け続けて気付いた事がありました。
  1.  未経験でも、ものづくりに対する強い意欲を持つ人間を採用しないリスク
  2. 経験者を募集している所がかなり多いけど、そもそもその経験者が減って来ているので、人材の奪い合いをしてるだけ
以上の2点です。

IMG_0847


まずは一つ目です。これこそ私が落選した腹いせのように聞こえてしまいますが、会社側は、「ものづくりに対して真剣に取り組める人材」をどうやって判断しているのかわからないが、本当に熱心な人を雇わず、誰を雇うと言うのでしょう。

私は毎回面接の度に、現場を案内される際にしつこいくらい質問をします。いつもそれで数十分は経ちます。それでも毎回熱意が伝わらず残念に思います。

私がもし採用担当者だったら、「こいつめっちゃ聞いてくるやん!興味あるんやろうなぁ。」って思います。人生経験を積めば分かりますが、本当にものづくりに興味がある人間の質問の仕方は、興味がない人間のそれよりも、遥かにクオリティの高いので、聞けば分かるものです。

ですが、どうやら毎回私の「ものづくりへの情熱」は伝わらず、それ以外の理由で落とされているようです。それか、まだまだ情熱が足りないのか…

本題ですが断言します。企業側はものづくりが好きな人が、ゴロゴロ居ると思っているのかどうかは知らないけど、そんなに居ませんよ。数少ないものづくりへの情熱がある人を雇わず、どんな人間を雇うのだろう。やはり、転職回数と年齢で見られてるのかな…

IMG_0848

2つ目が一番重要で、募集要項には「経験者募集」が多く見受けられるのだけど、普通に考えたらこの募集を続けていくと、必ず「ものづくり業界」は衰退していく。

凄く単純な話ですが、企業側は経験者を求めている所が多いけど、先述したように、そもそも、今はものづくりに携わって来たベテランが退職して世代交代の時代。

つまり、経験者の相対数はかなり減っているのですよ。そんな中で多数の企業が経験者を求めてる。完全に需要にたいして供給が足りていない。

ものづくり業界はどこの企業も、必死に経験者を取り合っている時代なのだ。こんな事続けていては、いつか人が本当に居なくなる事分かってるんだろうか?

今ものづくり業界がすべき事は、「ものづくり業界を担う若者を育成する事」である。まぁこれはどんな業界にも言える事ですけどね。

ただ、少子化が進む中で働き手が減ってる時代に、ものづくりに興味がある若者が果たしてどれだけ居るのだと言うのだ。そのほとんどが未経験なのだから、一から新しく育てるつもりでないと、このままでは…ね。

IMG_0887

これからの企業の在り方

IT化が進み、全てが自動化され、今後は工場での労働も最低限になっていくだろうが、まだまだ無人には程遠い企業もたくさんあるし、NCにしても、今もまだそのほとんどは、人間が入力しないといけない。

しかし、汎用旋盤、フライス盤と違い、スイッチ一つで一から全て作り上げてくれるようになって来たので、今まで必要だった、汎用旋盤での勘所などは必要無くなってきた。

即ち、未経験の人間でも、操作さえ覚えてしまえば今はある程度経験を積んでいける。未経験でも、ものづくりへの意欲と関心があれば、今ならすぐにでも同じステージに立てるのだ。

これだけの条件が揃っているのに、未経験の人間を採用しないメリットなどあるのか?ものづくりが好きな事が全てだと私は思う。そんな意欲的な人間をちゃんと育成する気はないのなら、もう日本のものづくり業界は終わっていくだろう。

今はベテランの勘に頼らなくても、テクノロジーでほぼカバーできる。そりゃ機械の導入資金は痛手だけど、未来はそうなって行く事が決まっているので、今ならいっそ、ITリテラシーの高い人材の方が役に立つ。

イレギュラーな事が起きた場合、基本構造への理解と習熟度や体験に基づく、ベテランの知恵は必要ではあるが、そんな人間もそろそろ時代に合わせて変わって行くべきだろう。

ものづくりが好きな若者が、これから新しい時代を担って行く事を願っている。




↑このページのトップヘ