最近自転車関連のニュースで、新しく出た「サーディン」と言う携帯工具が素晴らしいとのレビューを散見したが、それを見た感想を一言で言うと、

で?

で終わりです(笑)参考までに色々とその工具について調べてみたけれど、皆がもてはやすほどの目新しさは無いかなと思う。

正直に言って、自転車の携帯工具って「使えれば何でも良い」と私は思っている。

もちろん軽いに越したことは無いし、使い勝手が良い方が良いに決まってる。

しかし、冷静になって考えてみると、あくまでも携帯工具はトラブルが起きた場合に、それを乗り越えてとりあえず問題を解決出来れば良いわけです。

若しくは、ライド中にポジションを少し変更するのに使うくらいです。

私自身、自転車に関わり初めて20年以上経ち、通勤含めて総ライド距離は一万kmは超えているかと思う。しかし、その中で携帯用工具が出先で必要になった場面は記憶に無いほど少ない。

思うに、経験上、ライド前にしっかりと点検整備しておけば、余程の事がない限りトラブルなんてほとんどありません。

問題が起きるとしたら、「運悪く事故に遭った」とか、「整備不良が原因である事」がほとんど。
その際に携帯用工具を少し使うくらいでしょう。

そもそも大きなトラブルは、そもそも携帯用工具でカバーできないですし、あくまでも緊急時、微調整時に使えればそれで良い訳です。

冷静に考えてみよう
自転車関連のニュースを見て、これは凄い!新しい!画期的だ!と思う前に、冷静になろう。

その商品、本当に革新的ですか?

頭の良い方なら分かりますが、実際にはそうそう目新しい物なんて最近目にしません。

より軽量になったとか、形が変わったとか、正直どうでも良い事だと思いますよ。だってそれでライドの質が大幅に変わる事なんて無いからです。

近年では画期的な事と言えばスラムのフロントシングルくらいではないですかね。あれは、今流行りの「何でもかんでも増やす」思想ではなく、逆の発想で減らしてシンプルにしてきましたからね。

その恩恵は結構多大だと思います。シンプルな方がメンテナンスしやすいし、故障も少なく耐久性も高いですからね。

自転車好きは単純
別に差別しているわけではないですが、自転車好きの方って、単純な思考の方が多いのかもしれません。

目新しい物が出る度、宣伝したりしてますが、本当にそれが素晴らしい物なのか、再考する余地はあるかと思います。

誤解の無いように言っておきますが、新商品がダメと言っているわけではありません。もちろん進化している物は歓迎すべきですし、新しくなるのは良い事です。

ただ、何でもかんでも新しいからと言う理由で飛びつく方は、要注意だと思います。思いっきりメーカーの思う壺です。搾取されてますよ。

え?じゃあお前は新しい物は試さないと言うのかい?と言う質問が飛んできそうですが…

IMG_0262

以上!(笑)






はい、どうもこんにちは。約半年ぶりにしれっとブログ更新です(笑)

仕事の都合で駅まで自転車で行かなきゃならなくなりました。さて、自宅に自転車は腐るほど所有しているわけですが、どれを駅までの通勤に使おうかなと悩み抜いた結果、コイツにしました!

FullSizeRender


以前登場したアイツです(^^)

以前、ブレーキをメタリンクに換えましたが、その後さらに改造を進めて、今では写真のようになりました。

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender 

ハブダイナモを装着しました。かつて、マルイシ「ふらっかーず」や、ブリヂストン「アンジェリーノ」に使われていた、22インチのダイナモホイールがたまたまストックであったので、それを使用しました(^^)ライトはPanasonicです。

カゴを大きめのステンレスに変更。これも倉庫にストックがあったので使用。実質ライトくらいしか買ってません(^^)

この車体は私が10数年前、量販店に勤めている時に、お客さんが廃車にしたのをいただいて来たんですが、30年以上前の宮田の婦人車です。

サイズが今となっては懐かしい、22x1-3/4のタイヤです(^^)これがまた重いのなんの(笑)3/8に早く交換したいんですが、溝が無くなってからにしようかと思っています。しかし、私は空気圧管理をしっかりしている事に加えて、距離も短いので、減るのに数年はかかりそう(笑)

この自転車ですが、次男が大きくなってきたので、今のトレックのジュニアマウンテンから、こちらに換えてあげようと思います(^^)

題名にもある通り、今30年以上経っている訳ですが、これからまた10年以上は乗ると思います。本当に良い自転車って何年もつんでしょうね!限界に挑戦しようと思います(笑)


たかがタイヤレバー、されどタイヤレバー。市場に登場してから数十年は経つであろう。私も今まで様々なタイヤレバーを使い倒して来ました。

FullSizeRender

上記の写真は右からシュワルベ、パナレーサー、TONE、iRC、KTCです。背の順に並べてみました(笑)


この他にも、マルニ、無名メーカー、カンパニョーロ、トピーク、ダイソー、パークツール、などなど、かなりの数を使い込んで来ましたが、ついにその終着点に辿り着きました。

それが本日紹介する

「KTC タイヤレバー」

です!

FullSizeRender

工具マニアでもある私は、以前からこのタイヤレバーの存在を知ってはいたのですが、まぁどうせ他社のと殆ど変わらないんだろうな。としか思って無かったんです。

今回、先日紹介した「DEEN j」のスパナを注文するついでに、興味本位で抱き合わせで購入してみたら…イヤイヤ…めちゃくちゃ良いやん!(゚∀゚)ってなったので、今日はKTCのタイヤレバーを紹介します。

長さがヤバい


FullSizeRender

1番左がKTCのタイヤレバーです。特筆すべき最初の点は、他社と比べてデカイ事!1番短いシュワルベと比べると2cmくらい長いです。

長いとテコの原理が良く働くので、単純に力が入りやすく、タイヤが外しやすいメリットがあります。

厚みもヤバい
特徴の二つ目は、このタイヤレバーはかなり厚みがある事です。シュワルベと比べてみましたが…

FullSizeRender

圧倒的厚みの差!(゚∀゚)(゚∀゚)シュワルベの1.5倍くらいあるかも⁈

タイヤレバーの金字塔、ど定番のパナレーサーと比べてみても…


FullSizeRender

やはり厚い(゚∀゚)実際タイヤを外してみましたが、めちゃくちゃ剛性ありますよ!かなりガッツリいけます!

長くて厚い。他社には無い独自のサイズです。樹脂製でここまで大きいサイズのタイヤレバーはKTC以外では私は知りません。(知っていたらどなたか教えてください)
爪の形状も高評価!
タイヤレバーの1番大事なポイントである、先端の爪の形状。KTCでは下記のようになっています!

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_8024
IMG_8025

申し分ない形状!厚みがある事によって、他社の爪よりR部分が長めになっており、確実にタイヤの裏側までしっかりと入り込みます。

その厚みからくる剛性感により、力強く作業が可能!

地味だけど作り込んでる!
あと、しっかり爪のサイドの角を落としてある事も重要なポイントです。

FullSizeRender

ここにチューブを挟んでしまう人が多いので、中々の気遣いですね(^^)

唯一のデメリット
ここまで素敵なポイントを紹介してきましたが、一つだけ改善点があります。それはスポークに引っ掛ける部分の形状です。

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

他社のレバーはもれなくしっかりと上記の写真の通り引っ掛ける事が出来るのですが…

KTCは…

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

何をどう設計したらこうなるのか分かりませんが、なぜかスポークに引っ掛ける部分に溝も何も無いので、写真では分かりづらいかもしれませんが、しっかりとレバーを保持出来ない…




何故こうなった?(゚∀゚)

本当ココはめちゃくちゃ惜しい点です。レバーを引っ掛けるというより、押さえつけて保持している感じ。
では、実際の使用感は?
今日仕事先でタイヤ交換が数回あったので、早速KTCのタイヤレバーをデビューさせてみました。結果…

圧倒的に使いやすかった!(゚∀゚)

ガッツリと、しっかり爪はタイヤに食い込むので、力強く作業が可能。それでいて爪の先端が薄くて長めなので、ガッツリやってもチューブは噛みません。

こじった時の剛性感もあって、安心して作業できます。今日たまたまめちゃくちゃ硬いビードのタイヤ交換がありましたが、難なく作業できました!

ただし、上記のデメリットのせいで、レバーを保持中にレバーがスポークから外れて飛んでいきました(笑)慣れれば絶妙な角度でやれば、僅かながら引っかかるので大丈夫ですが、やはり基本的にはスポークに引っ掛ける作業は苦手のようです。

気をつけて作業すれば大丈夫ですが、タイヤ交換初心者の方は少しコツが必要かもしれませんね。

しかし、使い方を覚えればこれ以上使いやすいタイヤレバーも無いかと思います。バルブナット回しや、米式バルブのエアー抜きもオマケで構造として付いて来ます。これも高評価です。

頑丈で使いやすいタイヤレバーをお探しの方、是非「KTC タイヤレバー」をお試しください(^^)


↑このページのトップヘ