過去に、工場勤務を何社か経験している私だが、その工場のどれもがいわゆる「家族経営」的な昭和の考え方をする企業だった。

それらの会社にはとある共通点がある事に気付いたのでシェアしたい。

絶望的な思考停止
各社に共通して言える事が、

「悪習慣をやめないので、生産性が悪く、改善しようとも考えていない」

事である。ここで言う悪習慣とは、仕事に「感情論」を持ち込み、それを判断基準にしている事である。
さっさと縁を切れ

私が一番おかしいと思ったのは、何故いつまでも昔の「縁」にこだわりすぎて、前に進まないのか?と言う事だ。以下具体的に説明しよう。

以前私が勤めていた工場では、取り引き先ととある問題が起きていた。

「取り引き先から提供される製品のクオリティが低過ぎる」と言う問題…

1社目では織物を生産していた会社でしたが、原料を作る製糸会社の仕上げが汚い(品質が悪い)ので、製造過程の途中で織物に色ムラができたり、糸が切れたり捩れたりするのだ…

2社目では、製作が間に合わないので、他社に商品の一部の生産を委託していた。…が、その仕上げが悪く、過去に納品先にやり直しのクレームを受けた事もしばしばある。

さて、2社に共通して言える事だが、そもそも何故自社はわざわざクオリティの低い他社に依頼するのだろう。それは、

「今までもずっと長い付き合いでやって来たので、あまり声を荒げても悪いし、なんだかんだで忙しい時に助かったり、他社よりも安く仕上げてくれるので、あまり強く言えない」かららしい。

しまいには、何故もっと良い取引先を探さないとかと聞いてみたら、「このご時世、業界が縮小してしまい、他の取引先を探すのが困難である」との回答も得た…

確かに、伝統工芸含めて、業種によっては全国的にも少数のカテゴリーの企業も存在するので、言わんとしてる事も分からないではないが、思考停止すぎて呆れる。

頭の良い経営者ならすぐに分かるでしょうが、企業はより良い製品作りを目指すべきだし、それに則るなら、そんなグダグダな「縁」にこだわるよりも、さっさとそんな取り引き先とは縁を切り、より良い品質管理ができる他社を探すべきである。

原料の生産を委託している企業が全国的に減っているのなら、代替案を模索すべきだし、より良い解決策を思考すべきである。
昭和思考の弊害

日本の企業が全国的に沈んで行く理由は、変化すべき事を恐れて、現状維持を好み、肝心な、「ではどうすべきか?」の思考が抜けているからだ。

もちろん他社との良好な関係は維持すべきだし、自社だけて全て完結する企業など存在しない。しかし、感情論でいつまでもダラダラと関係を続ける事に意味はない。変わりゆくべき時代に対応すべきなのに、それが出来ない、考える気がない。

当然こんな事を続けている日本企業に未来は無いし、本当に「良い物」を作る事を維持する事は難しいのは想像に難く無い。

しかも、1番の問題は、取引先が技術的に成長しないと言う事。提供されるサービスの質が悪いのに、そこに責任追及せず取り引きを続けるとどうなるか。

お分かり頂けるかと思うが、そんな企業に「成長、改善」と言う概念は無いので、向上心が湧かず、とりあえず取り引きしてくれるから構わない。と天狗になるのだ。そんな企業の存在理念を疑うし、業界の足の引っ張り合いになるだけだ。

シンプルに考えて、品質の悪さを指摘する事のどこが悪いのか?より良い物を作るのは製造業の使命だし、クオリティが適当でよいなら、中国製でもなんでも良いと言う話になってくる。

「向こうにも都合があり、斜陽産業で、新人も入社せず、技術の伝承が難しい」から仕方ないと言う意見を聞いた事もあるが、だからと言って相手の立場になり、

「そうか。それじゃ品質が悪くても仕方ない。それを受け入れよう。多少のクレームも覚悟しよう」

…なんて事あり得るわけがないですよね。結局取引先も直す気がないのならそれまでの考えなのだし、より良い製品作りを目指す思考が抜けているので、そこから先の展開を自社で考えていかねばならないのだと思うのだが、現状維持が一番楽なのか、新たな取り引き先を見つけようと努力する事をしない。

それじゃ日本の企業の生産性が悪く、沈んでいくのも仕方のない事だと言える。

これから前向きにどんどんトレイル整備を進めて行くのは良いのだが、肝心なそこを走るバイクがしょぼくてはテンションも上がらない!(゚∀゚)

と言う事で、テンションを上げるために、フロントブレーキ新調しました!

FullSizeRender

某ショップ勤務の際に、タダで貰い受けたデオーレXT…(あ!これ言って良かったのか?(笑))

そこにデオーレの6100のレバーを付けました(^^)

FullSizeRender

前のブレーキの性能がクソすぎて、何度もトレイルで危ない思いをしたので、ついでにローターも全部変えて、メタルパッド仕様にしてやりました!

FullSizeRender
FullSizeRender

今回新調したのはブレーキレバー、ホース、ローター、キャリパーです。キャリパーはタダだったので良いのですが、この中で一番高かったのが、実はレバーではなく、ローターと言う真実(笑)

FullSizeRender
FullSizeRender

元プロショップスタッフ、そして現在は自転車出張修理経営者なので、ブリーディングキット含めて、全て工具を当たり前のように所持しており、インストールは1時間くらいで終わりました(^^)

さて、試乗だ!









⁉︎

⁉︎

⁉︎


IMG_0844
(笑)(笑)(笑)

マジでそれくらい違ってビックリ(笑)メタルパッドに加えて、レバーも加味してグレードが3つくらい上がったので、別格です(^^)

以前のブレーキはジャックナイフすら出来なくて、マジで効かなかったんだけど、今回はバッチリワンフィンガーでもジャックナイフできる!(^^)

これでトレイル整備のテンションも上がるってもんだ!

皆さんも購入したマウンテンバイクが10万くらいの物だったら、デフォのブレーキはクソなので、トレイル走るつもりなら、まずはブレーキにお金をかけましょう!

まずはリアかフロントどちらかだけでも良いので、予算の許す限り良い物を!(^^)

最近読書する機会が増えまくり、気づけば本棚には数十冊の本がひしめき合っています(笑)

読書したら、アウトプットするのが一番なので、今回はその一環として、「やりたいことの見つけ方」に関する本の要約をまとめてみました。


要約

やりたい事を見つけるには、まずは自分の「好きな事」「得意な事」「大事にしている価値観」を見つける事が必要である。

 好きな事とは、


「興味のある分野」の事。(名詞である)


例、「自転車」「ゲーム」「心理学」「ファッション」「料理」etc…


得意な事は、


「自分が意識しなくても自然とできること」

(やっていると楽しい事)(動詞である)


例、「人の気持ちを考えられる」「明るい性格で周りを楽しませる」「整理整頓ができる」「問題の本質を見抜き、解決に導く」「人の悩みをただ聞いてあげる」「創造性を発揮して、新しいアイデアを生み出す」



好きな事で仕事をするのは間違い。「好きな事を得意なやり方で仕事する」が正解。得意な事や好きな事が一緒でも、双方が違えばやりたいことも違う。



「好きな事が心理学」で「得意な事が人の気持ちを考えられる」ならば、「心理学を利用して、人の気持ちを理解する事」がやりたい事。


「好きな事が心理学」で「得意な事が整理整頓」ならば、「心理学を利用して、整理整頓をする術を人に伝えていく」などがやりたい事。


人には得手不得手があるので、例えば同じ心理学が好きな人でも、人の気持ちを理解するのが苦手な人もいれば、人の話をじっくり聞くのが苦手な人も居る。なので、同じ好きな事があっても、人によってやりたい事が違う。


さらに上記に加えて、それを「何のためにやるか」が重要。



・心理学を利用して人の気持ちを理解する。そしてその人たちに「穏やかな気持ちになってもらう」ために仕事をする。


何のためにやるか「穏やかな気持ちになってもらう」


やりたい事は「仕事の目的のための手段」でしかない


例えば、心理学の他に料理が好きだとしても、その料理を仕事にする事で「穏やかなきもちになってもらう」という仕事の目的を達成できなければ、それれは自分のやりたい事ではなく、ただの趣味である。


自分の価値観(大事にしている事)が内側に向くとそれが「人生の目的」になり、外側に向くと「仕事の目的」になる。例えば穏やかな気持ちになりたいと自分が思っているなら、それは自分が穏やかに生きたいと言う人生の目的となる。それを外側に向けると、「穏やかな気持ちに周りの人もなって欲しい」となり、それが仕事の目的となる。


よってやりたい事の公式は下記である。


好きな事(興味がある分野)✖️得意な事(意識せずとも自然とやっている事)✖️価値観(大事にしている考え)


三要素のどれが欠けていても、やりたいことは見つからない。好きな事がわからなければワクワクできないし、得意な事がわからなければ、自分のその強みの生かし方がわからない。価値観を理解していなければ、何の目的を持って仕事をしているか方向性が曖昧になる。


----------------------


大事な事(価値観)の見つけ方


質問、「あなたがつい人におせっかいしてしまう事とは?」


この質問の答えが例えば「すぐに人の話に首を突っ込む」だったとしたら、なぜそれをするのか考えてみる。


おせっかいとは意識せずとも自然とやってしまう事である。すぐに人の話に首を突っ込む理由を考えてみると、「人の話を聞いて、問題解決してあげたい」からであるとしたら、それが自身の得意な事であり、「人の問題解決に助力したい」と言う価値観である。


「弁護士」や「臨床心理士」はスキル、知識であり、それらを生かして仕事を探すのではなく、そのスキルを使って何ができるかを考える事が大事。


質問


「いつもイラッとする事は何ですか?」


この答えには自分の得意な事を見つけられる要素が含まれている。得意な事は「考えなくても自然とできる事」なので、できない人がいるとイライラする事が多い。



質問


あなたが感じている「問題意識」は何ですか?


この質問には好きな事を見つけられる要素が含まれています。例えば街中で騒いでいる人が問題だと思っている場合、その根幹には「穏やかに生きたい」と言う考えがあり、穏やかに生きるためにはその人の心理を知らないければならない。よって人を学ぶための「心理学」が好きである。


---------------------


以上です。一例として心理学や心理士などが登場しますが、あくまでも一例です。自身に置き換えて考えてみてください。


私もこの類の本を読んで衝撃を受けました。今までは私も「なりたい職業」で仕事を選んできました。ですがそれは確実に間違っていました。


大事なのはどう言う職業に就きたいかではなく、「自分の価値観を実現するためにはなにをしなければならないか」なのです。


それらを自分の興味のある事と掛け合わせて仕事を探す、もしくは世の中に無いなら作り出すのが正解なんですね。


私の場合自転車が好きで自転車店にもたくさん勤務してきましたし、自身で自転車の出張修理も経験しています。ですが良く考えてみると、何故自転車が好きでそれを仕事にしているのかを再考しなければ、今の仕事をやっている意味はないのだと気付きました。


私の場合、自己分析した結果、


好きな事(興味がある分野)はアウトドアでした。自転車はアウトドアの一部として好きだったわけです。事実私は今もキャンプは大好きですし、野外活動が好きです。


得意な事は、問題解決に向けて何としてでもそれらに立ち向かい、ユーモアや創造性を生かして問題解決に導く事でした。


そして大事な価値観は、人に色んな事にめげずにチャレンジしてもらい、人の背中を押す応援がしたい。その結果感謝の気持ちを再認識してもらう事。でした。


これらを組み合わせると…


「自転車で旅をしながら、問題を抱えている人と共に問題解決に向けて対話をする。その結果その人たちの問題意識が少しでも前向きになり、行動にうつしてもらって、人生を変えていく手助けをする」


と言う職業が思い浮かびました!なるほど、私は旅がしたかったんだ(笑)けどすごく無いですか?こんな職業多分どこにも無いわけで、ブルーオーシャンもいいとこですよ(笑)


と言うわけで、もう私も40歳をすぎましたが、まだまだチャレンジする事を諦めてはいません。導き出された新たな職業を創造すべく、行動にうつしていきたいと思う。


ここまで自己分析をしてみると、「自転車屋」になるのが夢では無い事が分かりました。自転車店では私の価値観が実現できないからです。あくまでも私の中の自転車という存在は、価値観を手助けしてくれる道具だったというわけです。なるほど…


皆さんもやりたい事が見つからない場合、もしくは今やっている事に疑問を感じる場合は、自己分析をしてみて、今一度立ち止まって考えてみてもらえると幸いです(^^)


※本記事は以下の書籍の要約です!めちゃくちゃ参考になったので、ご興味のある方、もしくは私の拙い説明でわかりにくかった!という方はぜひご覧下さい。




世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド

新品価格
¥1,530から
(2023/3/23 09:10時点)

↑このページのトップヘ